スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画  「一日30分でいいんです」

期間 2011年3月末日まで

目的 手足を資料がない状態であるていど理にかなったものが描けるようになる。
   また、手足を利用し、表情の面でより効果的な絵が描けるようになる。

内容
 作業時間は一日20分。10分手、10分足とする。
 もう10分でその回の反省。

 手、足の骨組、筋肉を学ぶ
 やさしい美術解剖図(マール社)を参考にし、手の構造をスケッチ。
 
 ある程度構造を学べたと思ったらネットで集めた資料をもとに効果的な構図をクロッキー。
 
 さらに効果のあるであろう練習方法が見つかったら随時試していく。

 企画終了とともに何らかの形で成果物を製作し、その効果を見る。


反省

期間が終了しました。
資料がない状態で理にかなったものが描けるかという目的に関しては、手、足に関しては前よりも良くなったという実感があります、でもまあ、もっと細かいところつめないいけないです。
途中で腕、脛、腿に範囲を広げましたが、そちらに関しては描けなくはないけど正しく描くなら資料が必要という段階だと思います。

手足を利用し、表情の面でより効果的な絵が描けるようになるという目標は全く達成していないです。
構造を勉強したりして学べるものではないということです。
これに関しては漫画作品や生活の中で発見していくしかないです。

時間が足りないというのを途中で感じました。
腕の構造をスケッチするときに10分では3方向までが限度で、さらにそれが頭に入っているかというとわからないわけです。そういうの頭に入れるにはけっこうな時間がかかるというのが分かりました。これは脛、腿も同様です。そんなわけで、終盤はクロッキーが多めです。

これら反省点をもってこれからの活動に生かすわけですが
・まずイラストを描くときに参考書にて確認しながら描く
・毎日でなくても構造のスケッチを続ける
・人の表情などの点でよく観察する
こんな感じで頑張ろうかなとか思います。

続きを読む

スポンサーサイト

掃除してると透明水彩と水彩用スケブが発掘されたので塗ってみる。

CCF20110326_00000.jpg

CCF20110328_00000.jpg

水彩なんて真面目に塗ったことがないっていうか、まったく塗ったことがないって言ったほうがいいわけで、だったらこんな出来にしかならんよなと言う感じです。

サイズがそう大きくないので塗りだけ考えれば2,3時間でいけるので、一週間ぐらい一日1枚やってみようかと思う。

そうしたらちょっとはましになるかなとか


あとはこんなことを意識しながらやってみようと思う。

デジタルと違ってやり直し、修正に限度がある。ていうかやり直しを重ねると劣化していくから慎重になる。
→丁寧になる、丁寧に見る→観察力が強化

カラーがより身近になるわけで、物を見るときに形などの構造だけでなく色についての興味が出てくる→物を見るときに色を見るようになる→色彩感覚の強化

それなりに近しい人がみんな自分よりもうまいのと、猶予期間が約1年ほどあるのと、うまくなるにはどうすればいいかわかりはじめたのとがあるわけだから、今頑張れないとこれから一生頑張れないっていう予感がするわけです。
逆に、そういうの全部が噛み合っていい方向に進んだら夢見ても許されるかなあとか思っちゃったりもしてます。


久々にふろおけにお湯を張ってみました。

入浴剤なんぞ上等なもんを使ってみました。

しっかりお湯につかって、出てみれば体はすっきりしているのになんか疲れている。だいたい自家発電一回分ぐらいの疲労度はある。

しかし、普段やらない柔軟をやってみるぐらいの爽快感はある。精神面でも効果はあるみたいだ。

心を腐らさないためにも定期的に湯につかることはしておいた方がいい。

毎日じゃなくて週一ぐらいにしておいた方がいい。
プロフィール

定宏

Author:定宏

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。